確定申告


給与所得者の確定申告 ・収入金額が2000万円を超える人 ・給与所得および退職所得以外の所得金額が20万円を超える人 ・2ヶ所以上から給与の支払いを受けている人 ・雑損控除、医療費控除、寄付金控除の適用 ・住宅借入金等特別控除の適用を受ける最初の年 ・配当控除(総合課税)の適用を受ける場合  公的年金等に係る確定申告不要制度:公的年金等の収入金額が400万円以下で、かつ、他所得が20万円以下の者  青色申告:不動産所得、事業所得、山林所得を生ずべき業務を行う者 株の確定申告が必要な時とは? 譲渡益が20万円以上出た場合は確定申告が必要です。税率は20.315%で内訳は所得税15.315%、住民税5%となります。口座には一般口座と特定口座があります。一般口座は確定申告は自分で行います。特定口座は源泉徴収ありですと儲けに対し源泉徴収して証券会社が払っておいてくれます。源泉徴収なしですと自分で確定申告をします。 売却損益=売却収入-取得価格-売却手数料  税金の還付が受けられるケースは特定口座源泉徴収ありを選択し、利益が所得控除の範囲内の金額という方。収入がその配当金しかない人は確定申告でお金が戻ってきます。ですが注意したいのは、専業主婦は申告する金額により、夫の扶養から外れ、次年度から社会保険料を徴収される可能性があります。  年間トータルであれば税金はかかりませんが、その損を申告することも考えましょう。今回の損失を翌年以降に繰り越すことができ、翌年以降3年以内に利益が出た時、相殺出来ます。

投稿者: yosh

AFP認定者の荒井です

コメントを残す